ビル

雑誌など書籍の翻訳

女性

翻訳の仕事は多岐に渡りますが、海外の書籍や雑誌、音楽の歌詞などの文芸作品の翻訳作業は、文芸翻訳に分類されます。文芸翻訳に求められるスキルは、翻訳に該当する言語能力ばかりでなく、文芸作品独特のメタファーや比喩など作品の雰囲気までも正確に翻訳する技術が必要な為、高度な日本語能力も必要になるのです。
こういった文芸翻訳をするには、まずは翻訳会社のトライアルに受かる必要があり、その会社でエージェントになる必要があります。その後、文芸翻訳の仕事をもらう事が出来れば実際にそういった翻訳の仕事が行えるようになります。また、もともと翻訳スキルが高い個人や、何らかの専門知識るような研究者などは、フリーランスでも仕事を行うことが出来ます。
いずれにせよ、文芸翻訳の仕事をが依頼された場合には、まず契約や打ち合わせを行い、話がまとまったあとは翻訳の進捗状況をクライアントに報告を行いながら仕事を進めていきます。概ね、こういった翻訳作業は、その他の翻訳作業よりも独自性や専門性が高く、作業時間も掛かりがちになるので、翻訳者独自のプランを経て納品されるケースが多いようです。また、個人の翻訳者の方は、営業から納品までをネットだけで完了する事も多いので、すべての作業を自宅のみで行う事もあるようです。