ビル

翻訳の基本的な作業

キラキラした女性

翻訳は、そもそも言語の異なる者同士が差異をなるべく少なくした状態で言いたいことを伝えるためのお手伝いです。基本的にはクライアントから翻訳したい文章をいただくところから仕事が始まります。その後いただいた文章の文字数(1文字もしくは1単語いくらという換算で計算するところがほとんどかと思います。)を基に見積もりを作成して対応に入ります。その際、もし使われている用語が医療英語や専門的・技術的なモノであれば、難易度が高くなるために多少高いお見積もりを作成する必要が出てきます。
実際の作業ですが、基本的に翻訳には複数の人間がかかわります。まずはやり取りの旗振りをする人間、そしてその言語のネイティブの人間、相手側の言語の人間の、最低三人が必要になってきます。翻訳は1名の翻訳で完結するのではなく、お互いの言語で考えて無理のない、理解しやすいものにすべく、翻訳者の間を何度も行き来します。そうすることで、煩雑な部分や理解しがたいと思われている部分もどんどんきれいに翻訳されていき、最終的な翻訳原稿が出来上がるのです。
現在翻訳という仕事は、グローバル化が進むこの世界で重要さを日に日に増している仕事です。翻訳する側の質もどんどん向上していく中で、今後の競争激化は避けられないものと思います。